男性のコンプレックス1位は、身長が低いことらしいですが・・・

最近は、女性の平均身長が高くなってきたので、
背が低い男性が「身長コンプレックス」を感じることが多くなったのではないでしょうか。

実際に、女性にアンケートを取ってみると、
「背が高い方が好き」「170cm以上でないとダメ」「最低でも165は必要」という意見があり、
逆に「背の低い男性の方が好き」という女性はほとんどいません。

一昔前から言われている「3高」にもあるように、
女性にとっての理想は、やはり身長が高い男性なのでしょう。

身長は自分の努力だけで何とかなるものではないので、背の低い男性にとって厳しい問題ですね。

しかし、背の低い男性が好きだという女性は少ないのですが、
「身長なんて関係ない」と思う女性はたくさんいるのです。

男性も「好きになったら胸の大きさなんて関係ない」って思う人はいますよね。

それと同じで、好きになった男性の身長がいくら低くくても、
「身長なんて気にしない」と思う女性はたくさんいます。

さすがに女性よりも低い身長だと厳しいかもしれませんが、
それでも、気にならないと言う女性は意外とたくさんいるものです。

人を好きになるのに見た目も大切ですが、
見た目だけで好きになるというわけではないんですよ。

身長が低くでも、人間的に魅力だったり、男らしい内面に惹かれて好きになる女性はいるでしょう。

だから、身長コンプレックスを感じて卑屈になるよりは、
明るく前向きに、頑張っていくことが大切だと思いますよ!

 

筋肉がない細身体型を気にする人がいます。

女性が好きな男性の体型には、色々あると思うけど、
「肩幅が広くて胸板が厚い」「お腹は引き締まっている」などがあります。

最近、流行っている体型は、痩せているのに筋肉質なスフトマッチョな男性でしょうか。

女性の好みは人によって違うのですが、
「ガリガリで細すぎる」男性を好きな女性はほとんどいないと思います。

やっぱり、運動をやっていて細身の体型ならまだしも、
何の運動もしないで、筋肉もなくガリガリっていう男性はモテる体型ではないでしょう。

女性は男性といて安心感や男らしさを感じたいのに、
細い男性といると「私の方がたくましいかも?」なんて思わされて、ちょっと敬遠してしまうかもしれません。

そんな風潮の中、筋肉がなくて細身の体型であることを、
コンプレックスに感じている男性もいるみたいですね。

もちろん人の好みは様々なので、
「筋肉がなくて細い男性が好き!」という女性もいます。

なので、女性にモテモテになるのは難しいけど、
細身の体型を好んでくれる女性もいるので、落ち込む必要はありません!

でも、もし「こんな身体じゃダメだ」と思うのなら、運動すればいいのです。
筋肉をつけるには、ダンベルを使った運動などが良いそうですよ。

ダンベル運動は自宅で簡単に出来るので、
筋肉がない体型をコンプレックスに思っている男性は、チャレンジしてみてはいかがですか?

 

学歴コンプレックスを抱く男たち|今の時代は学歴ではないはずだが・・・

学歴コンプレックスを持っている男性は、意外と少なくないようですね。

低い偏差値の大学を卒業または中退している場合や、
高卒や中卒といった学歴の男性は「どうせ俺は○○だから・・・」と卑屈になるそうです。

周りから半強制的に決められてしまった進路でも、
自分が希望して選んだ道でも、とにかく学歴に対して後悔にも似た気持ちを抱いています。

たとえ他の人が「人間は学歴じゃないから」と言っても、納得できない人が多いです。

こういった学歴コンプレックスを持つ男性を彼氏や旦那にしてしまうと、とても気を遣いますね。

女性の方が学歴が上だと、ふとしたことで「お前は○○卒だから」と言われるかもしれないので、
学歴の話や、学歴に結びつくような話題は避けなければならないでしょう。

しかし、中には学歴コンプレックスをバネにして頑張ったために、社会的に成功する人もいます。

今の時代は、学歴だけで全てが決まるわけじゃないし、
中卒でも成功する人もいれば、東大を卒業しても挫折してしまう人もいるみたいです。

やはり社会で生きていくには、様々な社会適応能力などが必要になってくるので、
いくら勉強だけができたとしても、社会では評価されないと思います。

学歴はないよりあった方が良いと思うけど、
男性は学歴だけじゃなく、人間性があるっていう事の方が大切なのではないでしょうか。

毛深いことで青春を棒に振った思い出!小さいうちからオススメする脱毛!

毛深いことで青春を棒に振った思い出って多くの方が抱えていると思います。そこで今回は、小さいうちからオススメする脱毛を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

今の時代はどんどん進化しています。脱毛方法についても、自分の子供の頃よりもたくさんの方法があります。まずは、その違いを紹介しますね。

ママ世代では、小学生の頃からムダ毛を気にし始めても何とかそのままの状態でやり過ごして、中学校、高校などの学生時代って自己処理でしのいで、実際に自分が働くようになり脱毛サロンで処理をするというパターンが当たり前だったような気がします。しかし、今の子供たちは、私たちの世代よりも成長が早くなっているので、小学生の頃からムダ毛の深刻な悩みを抱えてしまう傾向にあります。

成長が早いと、オシャレにも敏感になっているのは当たり前ですが、雑誌やTV、ネットなどを使いこなして、はやりのものに触れる機会は、実際に大人顔負けという子も多くなっています。その中でたくさんの情報を知り尽くしています。

ママ世代の小学生時代にサロン脱毛したという話ってありませんでした。昔は、脱毛専用のサロンも少なく、高額な費用がかかり、大人でもサロンに通うことは敷居が高かったですよね。今の時代は、3歳からOKというサロンもあり、痛みもなく、昔とは全く違っています。

子供の脱毛を考える際に注意したいのは、肌に優しいこと、手間がかからないこと、ムダ毛自体をなくすことです。脱毛で肌を傷つけてしまった経験をしているママも多いと思いますが、子供には、そんな思いをさせたくないと考えている人も多いと思います。

実際に何もしないままだと次から次に生えてくるムダ毛ですが、処理方法によっては、徐々に生えてこないように抑制する事ができますし、根本的にムダ毛にさよならする事も可能となっています。理想としては、一生ムダ毛が生えてこない状態でキレイな肌を手に入れる事ですよね。

今の時代は、脱毛サロンの中で子供脱毛ができるサロンも100店舗程度あり、海外進出している企業もあります。メニューの中でも子供脱毛しているという看板もあります。

安心して子供脱毛する際の最大のポイントとしては、安全性と信頼性、価格、仕上り、痛みと肌負担が少ないこと、場所、子どもに優しいスタッフの雰囲気、期間となっています。

実際にサロン選びについては、大人と変わりませんが、安全性や痛み、肌の負担については、子供脱毛の場合には、特に注意が必要となってきます。

自分がムダ毛の悩みを抱えていたように、自分の娘もムダ毛の悩みを抱えているということを理解してあげることにより、子供に寄り添うこともできますし、気持ちを分かってあげる事ができる味方にもなれると思います。

実際に、私の娘も中学1年生になり、ムダ毛の悩みを抱えているのですが、今の時代は、こっそり自分でカミソリなどを使って脱毛している子も多くなっているのですが、私の娘は、肌が弱いのでサロンなどに通って脱毛を行っています。

自分の時代よりかなり安い価格で脱毛する事ができて、近くにあるので、通いやすく送り迎えも手軽に出来るので何の負担もなく脱毛させてあげる事ができます。

こんな気持ちを男は理解できないという面もありますが、何よりも、女にしかわからない気持ちなので、パパにも理解できるように話をすることにより、家庭内でも応援してくれて、費用面の負担もこっそりではなく、堂々と通わせてあげる事ができると思います。脱毛するならシースリー

EDという悩み・・・離婚の原因にもなります。

最も深刻度の高い男性の悩みにEDがあります。

いわゆる勃起不全というやつです。

EDが厄介なのは性交渉ができないから。

性交渉ができないというのはあまり表面にはでてきませんが、
けっこう深刻な悩みでもあるのです。

性欲というと人から敬遠される傾向がありますが、
人間の三大欲求というのは睡眠、食、性と3つあるのです。

どんな聖人に見える人でも性欲はあるのです。

ですが、EDとなるとこの性欲そのものが減退してしまいます。
男性の活力の源は間違いなく性欲ですからね。

Continue reading “EDという悩み・・・離婚の原因にもなります。”

ブサイクでもモテる男、やっぱりモテない男・・・

やはりイケメンだったら、モテるのかなと思うのですが、人間がモテるとかモテないとかは様々な要素が関係してきますから、イケメンではなくてモテるやつはいます。

あなたの周辺にもいませんか?

何で、こんなやつが! と思います。

自分の周辺にもいるので、何でモテるのか、すごくいいなと思う気持ちになってしまうのです。

自分も女の子にはモテたい! と思うから。

まねしようかな? 芸能界にもいますよね。

原因はよく分からないがね。

女性は、どんな男が好きなのかな?

イケメンではなくて、ブサイクでも楽しい男はモテるのではないでしょうか?

自分も楽しい男になったらいいのかな?

芸人さんもモテるので、潜在的に女性が楽しい男が好きな事実は間違っていないでしょう。

よく見たら、さんまさんとかダウンタウンとかそんなイケメンでないけれどもモテます。

ブサイクでも、楽しいといいかな?

Continue reading “ブサイクでもモテる男、やっぱりモテない男・・・”

こんな男に生まれてきたかったとつくづく思うとき。

キミは、どんな男になってみたいな!

とか、希望はあるのですか?

自分はいいなと思うのは、金持ちかな?

子供の時から貧乏だったので、不満も大きくあったのです。

金持ちになったら、楽しい生活かな?

まずは、食い物をいいものを食いたいです。

毎日金がないので、マックとかコンビニとか菓子パンです。

せめて、肉を好きな時に喰ってみたい。

Continue reading “こんな男に生まれてきたかったとつくづく思うとき。”

あがり症というコンプレックス。極度に緊張してしまうんです。

昔から、人間関係がうまくいかないので悩んでいたのです。

あがり症で緊張をして、顔が赤くなってしまうので嫌だな。

これは、子どもの時からです。

兄も同じような感じだったので、遺伝かもしれません。

自分は、まだ彼女がいないのです。

ムナシイな。

女の子と話をするのなんか、考えただけでもどうしたらいいのかが分からないよ。

彼女は、永遠にできないかもしれません。

かわいい彼女が欲しいけれども、無理かな?

Continue reading “あがり症というコンプレックス。極度に緊張してしまうんです。”

実はボク、女性経験がないんです。。。

今の若い男は変わった。

昔はこんなひ弱じゃなかった。

とよく言われますが、そんなこと言われたってどうしていいのか分りませんよね。

ボクは普通に育てられてふつうに学校を卒業して、ふつうに就職しました。

何か取り柄があるワケでもなく、ルックスもいたって普通といった感じです。

ですが、これだけは絶対女性の前で言えないことがあるのです。

それが、実はボクは女性経験がないってことです。。。

いわゆる童貞というやつですね。

「ウソ!?」

「天然記念物!?」

Continue reading “実はボク、女性経験がないんです。。。”